スマホ水没しちゃった?!

水没スマホ修理の料金の相場

水没スマホ修理の料金の相場 スマホ修理を依頼する理由としては、水没も多くなっています、つい濡れた手で使ってしまう人もあれば、お風呂で操作していて、湯船に落としてしまう、トイレに落としてしまうという人も少なくありません。
さらに、大雨で濡れてしまったという経験を持つ人もあるのではないでしょうか。
内部まで濡れてしまった場合は、そのまま電源を入れ続けると故障につながりますので、まずは電源を切っておくことが大切です。
外側が乾いていても、内部が濡れたままでは、不具合が発生する可能性もありますのでスマホ修理に出すことがおすすめです。
料金がどれぐらいかかるのかも知っておきたいところですが、状態によって変わるものの数千円から1万円程度は見ておきたいところです。
複数社から見積もりを取ってみると相場もわかりやすくなります。
場合によっては、本体そのものを買い替える必要が出てくることもありますので、まずは修理店に相談してみましょう。
水没の場合は自然故障ではなく自己責任になりますが、加入している保証の内容に次第は、安く直せる可能性もあります。

水没したときは電源を入れることはNGすぐにスマホ修理業者へ

水没したときは電源を入れることはNGすぐにスマホ修理業者へ 防水機能がついていないスマホを水没させてしまったとき、多くの人があわてて水分をふき取ったあと、使えるのかどうかすぐに試したく電源を入れてしまいます。
これはNG行為で、絶対やってはいけません。
防水機能がないため水が浸入していても、まだ故障しているかどうか分かりません。
しかし水がある状態で電源を入れてしまうとショートして完全に壊れてしまいます。
水没させてしまった時の対処法がネットなどで紹介されていますが、それでも回復させることができるかどうかは分かりません。
そのような時は、スマホ修理業者に持っていくことが正しい解決法です。
時間がたつにつれて内部が劣化、腐食してしまうので、できるだけ早くスマホ修理業者にもって行きましょう。
電源を入れることはNGで、使えるかどうか試したい気持ちを抑え、電源を入れた行為が故障の原因になるのです。
スマホ修理業者に内部に侵入した水分を処理してもらえ、故障していなければ高額な費用はかかりません。

新着情報

◎2020/9/28

電源はすぐ入れないように!
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

水没スマホ修理の料金の相場
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「水没 料金」
に関連するツイート
Twitter