スマホ水没しちゃった?!

電源はすぐ入れないように!

電源はすぐ入れないように! スマホを水の中に落としてしまうという事故が結構あるものですが、このような時には濡れている場合には電源をすぐに入れないことが重要です。
スマホ修理では、水没したものから復活させることも行っていますが、基盤が故障すれば修理の難易度が高くなるためです。
これは電源を入れて通電すると入り込んだ水に電気が通って、ショートしてしまうことが大きな理由です。
基本的な水没したスマホ修理では、第一には乾燥させることで、また汚れた水に浸かることで基盤が汚れるため、基盤洗浄を行って復旧作業を行います。
ただ、カメラやセンサーなどが水によって故障するというケースもありますから、スマホ修理では必要に応じてパーツの交換などが行われるものです。
それとスマホに外部メモリを入れてそこにデータを保管するという人も多くいると思いますが、そのような場合には外部メモリを取り出して乾燥させることでメモリのデータ破壊を回避するといったこともできます。

水没したスマホ修理の対処法をチェックしよう

水没したスマホ修理の対処法をチェックしよう スマホを誤って水没させてしまった場合には、バッテリーをはずすことが大切です。
スマホによってはバッテリー取り外し可能なタイプのものもあるため、その場合にはまずバッテリーをはずしておきましょう。
そして、SDカードやSIMカードも取りはずすのもポイントです。
金属端子部分に水がついてしまうと、故障の原因になります。
イヤホンジャックやUSB端子にも、水が入り込んでしまっている場合には、綿棒やティッシュでしっかりと拭き取るのも重要です。
その後、スマホを乾燥させる必要があります。
シリカゲルとスマホを一緒にして食品保存袋に入れておき、二日程度放置しておきましょう。
そうすることで、スマホ内部まで乾燥させることができます。
スマホ修理のため、水没時には慌てずにできる範囲の対処をしておくことが重要です。
また、状況によってはスマホ修理のためのスマホキャリアの補償サービスを利用してみるいうのも、有効な手段といえます。

新着情報

◎2020/9/28

電源はすぐ入れないように!
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

水没スマホ修理の料金の相場
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「水没 電源」
に関連するツイート
Twitter